親こそ子どもに勧めるべき

親御さんが結婚相談所で婚活を

親
「自分の子供に幸せな家庭を築いてもらいたい」と、親御さんなら誰でも一度は考えることではないでしょうか。しかし、「当の本人はいったい何を考えているのか、結婚のけの字も出てこない」という人も多いというのが現実のようです。

そんな場合には、親御さんが結婚相談所に来られることをお勧めします。親御さんならば、自分の子供に会った人もわかるのではないでしょうか。そこで予めよさそうな人を探しておけば、本人が結婚相談所に来れなくても話を進めることができます。

お子様本人では仕事が忙しかったりでなかなか婚活などできない場合も多いものです。是非、お子様のためにも親御さんが結婚相談所で婚活をしてみることをお勧めいたします。

結婚相談所の門をたたく(私の体験談)

息子は今年40歳になりました。今まで仕事に打ち込んできたせいか女性とお付き合いをしたことがありませんでした。その息子が結婚相談所に行き会員登録をしてきたようです。その心境を聞いてみると、どうやら一人では寂しい。と感じてきたようです。

人生のちょうど真ん中あたり、ともすれば折り返し地点を過ぎたかも知れないのに、この先に何の手がかりもなく、ただぼんやりとした空白を見せている。結婚願望のそういう漠然とした不安が重なると、それを1日でも早く埋めたいという、少し前のめりのエネルギーが体中、いっぱいになり結婚相談所の門をたたいてみたようです。息子にいい人が見つかるように願いつつ、焦らなくてもという気持ちです。